カードローンの比較で注目するべきポイントとは?

日常生活の中では、何かとお金が必要です。
普段から節約に励んでいる方でも、急にお金が不足することもあるでしょう。
手元のお金が足りない場合には、なんかしてお金を借りる方法を考えなくてはいけません。

 

急な出費、ちょっとしたお金の不足にはカードローンによる借入が便利です。
カードローンとは文字通り借入専用のカードを使用してお金を借りるローンのことです。

 

いつでも自由に借入が可能ですので、日常生活でお金が足りない場合には重宝するでしょう。
一枚保有しておけば、いざというときの保険の意味合いでも安心です。

 

カードローンの特徴

カードローンには借入可能な借入限度額が設定されています。
基本的には借入限度額に空き枠があれば、いつでも自由にお金を借りることができます。
一度借入限度額いっぱいにお金を借りたとしても、その後の返済により借入限度額に空き枠が生じれば、その空き枠を使用して、いつでも自由に追加でお金を借りることができます。

 

借りたお金の使い道(資金使途)は特に定められていません。

 

生活費や飲み会代、冠婚葬祭、旅行代、洋服購入など様々な方面に使うことができます。
また借入の都度資金使途を確認する書類などを金融機関に提出する必要もありません。

 

ただし競馬やパチンコなどのギャンブルとしての利用や、株式投資などの投機性資金としての利用は禁止されています。
またカードローンは基本的に個人向けローンですので、法人や個人事業主の営業資金としての利用もできません。

 

多くのカードローンは基本的に「無担保・無保証」です。
借入申し込みに際し金融機関に対して、担保を提供したり、保証人を立てる必要はありません。
逆にいえば担保や保証人に頼った利用はできないということです。
あくまで利用者本人からの収入による返済が前提となります。

 

カードローンの比較

カードローンを利用するときには比較が非常に大切になります。
カードローンを提供する金融機関には様々あり、借入条件などはそれぞれ異なっています。

 

最近ではIT企業などもカードローン分野に参入しており、非常に競争が激しくなっています。
サービス面も多様化しており、利用する側としても多くの商品を比較することが大切になってくるのです。

 

カードローンを比較するうえで便利なのが、インターネットの利用です。
検索サイトなどで「カードローン比較」といった文言で検索してみると、多くの情報を入手することができます。
金利・借入限度額・審査基準といった条件面を整理しながら、カードローンの特徴を説明しているサイトをたくさん見つけることができるでしょう。
サイトからそのままカードローン会社へのホームページに移行することもでき、使い勝手のよいサイトが充実しています。

 

カードローンの比較で注目するべきポイント

カードローンで借入するときに比較しておきたいポイントは次の3点でしょう。

 

・金利
・審査
・サービス面

 

利用者の条件が同じであっても、どこのカードローンを利用するかで契約内容などは大きく異なってきます。
自分に合った一枚を見つけるために、多くの情報を入手して比較するようにしましょう。

 

よく比較されるのが「銀行カードローン」と「消費者金融カードローン」の違いです。
この2つについて簡単にまとめておきましょう。

 

○銀行カードローン

金利が低く、借入限度額も高額の商品が多いのが特徴です。
ただし審査基準は厳しい傾向にあります。
その他のサービス面はあまり目だったものはありません。
参照・・・おまとめローンでおすすめはどの銀行?金利の安い7社比較

 

○消費者金融カードローン

金利は高めで小口融資が中心です。
ただし審査基準が緩やかな傾向にあります。
様々なサービスが充実しており、使い勝手もよい商品が多くなっています。

 

注目するべきサービス面

多様化するカードローンのサービス面ですが、初心者の中にはどのようなサービスがありどのように役立つのか分からないという方も多いのではないでしょうか。
そこでカードローン利用者の中でも評判の高いサービス内容にはどのようなものがあるのか考えてみましょう。

 

まず最近話題になっているのが「即日融資」のサービスです。
文字通り申し込みを行ったその日に融資を受けることのできるサービスです。

 

急な出費、どうしても早急にお金を借りなければいけない場面で重宝するサービスです。
消費者金融の多くは即日融資に対応しています。

 

また最近は銀行カードローンでも即日融資に対応した商品が登場しています。

 

次にメリットが高いサービスが「無利息サービス」です。
一定期間無利息でお金を借りることができるサービスで、ほとんどの先は「初回利用者」を対象としています。
無利息期間は取扱会社によって異なっており、1週間、30日、90日、180日などの無利息期間が準備されています。

 

一見金利が高いカードローンであっても無利息期間が準備されており、その期間内に返済できる目途があるのであれば利用価値は高いといえるでしょう。

 

他には郵送物が一切発送されない「WEB完結申し込み」、融資希望額によっては収入証明書の提出を免除するサービス、女性専用窓口で対応する「レディースサービス」などがあります。
カードローンを比較する場合には金利や借入限度額も重要ですが、このようなサービス面も確認しておくようにしましょう。
対応するカードローン会社を選ぶことで、自分にとって非常に有効に働くサービスも多くあります。

 

審査基準も大きなポイント

カードローンで借入する場合、なるべく低金利で借入限度額の高い商品が魅力的と感じるのは当然のことでしょう。
ただしこれだけを比較ポイントとすることは避けるべきです。

 

実は金利や借入限度額以上に重要なポイントは「審査」といえるでしょう。
なぜならばどれだけ好条件の商品でも、審査に合格しなければ利用することができないためです。

 

なによりも審査に合格して借入することが必要になってきます。

 

しかし審査基準も各社異なっており、しかも一般的には公表されていません。
例えば「年収○○円以上なら審査に合格!!」という基準は公表されないもので、決してありえないのです。

 

カードローンの審査とは利用者の返済能力を判断することです。
それには年収以外にも様々な審査項目を設けて、総合的に判断することが必要になってきます。

 

ただし審査に合格しやすい会社というものも確かに存在しています。
一般的には銀行カードローンは審査基準が厳しく、消費者金融は審査基準が緩やかであるといわれています。

 

「絶対に審査に合格できる先」というのは存在していませんが、口コミ情報なども参考にしながら、金利などの借入条件面と比較していくようにしましょう。

 

返済のことも忘れずに

カードローンの利用を考える方の中には、緊急性が求められる方もおられるでしょう。
しかし急いでいるあまり「お金を借りる」ことばかりに頭が働いては危険なこともあります。

 

なによりも重要なことは「借りたお金をきちんと返済する」ことです。
カードローンの利用前には、念密な返済計画が不可欠です。

 

借入条件などはきちんと確認するが、返済のことは考えない、というのは絶対に避けなければいけません。
万が一返済できないことになると、今後の人生に多大な悪影響を与えることになるでしょう。

 

毎月の返済に追われ、生活もままならず、資産も凍結され、人生を失う結果にもなりかねません。

 

「返済なんてどうにかなるだろう、まずは借りることが一番」
「これから年齢が上がるにつれて出世するから、収入も増える、返済も問題ない」

 

このような楽観的観測は絶対に行わないようにしましょう。
「現状」の収入と支出を比較しながら念密な返済計画を立てるとともに、無理のない利用を心がけるようにしましょう。